読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何たる迷惑であることか!

独自の路線で生きています

改めてメンヘラブログ

ブログそもそも論

 

インターネットデビューしたのが2006年で、初めて開いたブログはyahooブログだった。

思い返せばその頃は学校での辛かったことなどを黒歴史ばかりを書き連ねていたが、当時はぎりぎり女子高生だったこともあって(笑)、そのブログは結構人気があった。最後のあたりは、自身が病気になったり、嫌がらせを受けて閉鎖してしまったが、それなりに気に入っていた。2006年3月から、2009年の12月までこのブログは続いた。

 

大学に入学してからは、趣味用のブログをLivedoorで開いた。これは書いていて非常に楽しかった。ライブに行ったり、同好の士との交流を深めるために活用した。ただ、趣味の都合上こちらもネット上のフレームに巻き込まれることが多く、某掲示板に他の人とまとめて晒されて閉鎖した。その後はHPを作り直し、ブログもjugemブログに移って続けたが、その内に趣味のジャンル自体が下火になってしまい、何となく放置するようになった。

 

現時点で使っているブログはamebaブログ一本だが、こちらは婚約者の監視下にあるため(付き合いたてのころに震災が起こり、怖くなって教えてしまったのだ。新潟と愛知の遠距離恋愛だった)、なかなか書きたいことを書くことができない。

 

そもそもブログなんてものは、きちんとしたテーマに沿ってやっているのでない限り、ネット上に個人の内面を多分に吐露するものだ。恥、嫉妬、怒り、恨み……日常生活ではおおっぴらに出来ない、限りなくしょうもない物事を、どうして恋人に見せられる? 

 

そんな葛藤が、ブログを開くことを躊躇わせた。次第にインターネットを繋ぐ理由は他人が拵えたまとめを読むだけのものとなり、就職してからはなおさら、ブログを書く頻度は激減した。

 

でもやっぱり書かずにはいられない

書くことは楽しいし、見た人が喜んでくれるから、ブログを書くことは好きだ。

 

でも、書きたいのは楽しいことだけではない。暗いこと、どーしよーもないこと、誰にも話せないことも、ブログでならそっと打ち明けられる。注目されることが少ないブログだから、炎上する心配もない。誰かを傷つけることはネット上ではしたくないし、そういう表現には極限に気を使っている。

 

そうして開いたブログがこちらのブログである。誰にも注目されない、誰にも咎められない、誰のことも気にしなくていい。ここでなら自由だ。

 

……そうすると結局、メンヘラブログになるっていうねww