読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何たる迷惑であることか!

独自の路線で生きています

【2016年秋アニメ】どれから食べようかしら

日常

 アニメは嗜む程度でございますので……

 2016年秋アニメは豊作でございます。

 

本命

3lion-anime.com

 三月のライオン×シャフト、羽海野チカ×新房昭之の世紀のタッグ。一年前に制作発表を聞いたときは耳を疑ったね。

果たしてシャフトに羽海野チカてんてい的ごはんが描けるのか零くんがシャフ度で睨め上げるシーンはいつ来るのかきっと零くんの内面世界はイヌカレー空間なんだろうとか京子サンがこのままだとお姉さま女王どころかメンヘラ小物になる運命を阻止できるのかそれにしても二階堂クンがイケボすぎないか、などと心が千々に乱れております。まとめると、期待大。第一話を見て、さらに期待が膨らんでおります。

 

対抗

touken-hanamaru.jp

 刀剣乱舞の世界観で、日常アニメをやってくれるおいしさ。適度に戦闘シーンを挟みつつ、ゲームの根底にある「登場人物が歴史修正主義者と闘いつつ、自らも歴史を変えたい衝動と葛藤する」心情を描いている。日常アニメなので、肩の力を抜いて気軽に見られるのが嬉しい。審神者は存在だけがあって、姿形が見えないキャラ付けもイイ。その上で、どうしても画面に血を流したいのはニトロプラスのイズムなんだろーね。

来週はどの刀が登場するのか、楽しみで仕方ないっす。

 

www.funewoamu.com

 言葉というのは誰にでも扱えるようで、実は生まれつきのセンスが全てだったりする。言葉を使えるのか、言葉に遣われるのかは、教育ではどうにもならない分野であって、才能が無ければ感じることすらできない。このアニメは、言葉の世界の豊饒さと舟を編む塗炭の苦しみを描いた作品である。

 華やかさは無いかもしれないが、テーマは深遠。言葉の世界はロマンでできているのだ。(編集部訳:櫻井孝宏が主役声優、神谷浩史が相棒ということで飛んできました。すごく楽しみです)

 

番外編

www.tv-asahi.co.jp

 一昨年、偶然仮面ライダー鎧武の放送を見てから仮面ライダーにハマってしまい、日曜朝は早起きである。前作のゴーストは見ていないので、1年ぶりの視聴。ライダーの変身姿が1up前のマリオちっくなちんちくりんだったときは笑ったが、内容的に期待できそう。ライダーが複数出てくるから、鎧武以来の群雄割拠型ライダーか?

ヒロインのあすなちゃん/ポッピーピポパポがとにかく可愛い。外界に出てくる時と画面の中にいる時でキャラが180°違うのがイイ。

 

 こんな感じで、2016年秋冬はアニメが多くて予約録画が忙しいことになりそうである。以上。