読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何たる迷惑であることか!

独自の路線で生きています

都合がいいから舐められる

 自分の陥りがちなパターンについての気づきメモ。

 私はどうしても人の顔色を伺って行動してしまう
  ↓
 当然、本心とは違う言動のためストレスが溜まる
 ↓
 相手に合わせた行動ばかり取るので、人格として舐められる
 ↓
 侮られ、軽んじられる負のループ
 ↓
 自分の側で被害者意識が高まり、勝手に爆発する
 ↓
 辛い人間関係……

 これが、今までのコミュニケーション。
 親のような絶対的な存在に、合わせなければ生きていけない、子供のやり方である。
 そろそろ、この慣れ親しんだ方法を捨てて、新しいコミュニケーションを実践する時が来た。

 もはや私は大人であり、相手の意に染まぬ行動を取ったからと言って、生存を脅かされることはない
 ↓
 むしろ、個人の意思を持つ存在として、尊重してもらえる
 ↓
 自分の意思を尊重しつつ、相手との関係も対等に築ける

 嫌な仕事を断れなかったり、相手の我儘を受け入れ続ける行動の源には、子供時代のやり方を捨てきれぬ恨みがあるのかもしれない。
 
 自分だけが我慢すればいい、馴染んだやり方を捨てるのは非常な苦痛を伴う。
 しかし、私は既に大人になった。
 配偶者との間には、新たな関係を築くことが当たり前だ。
 
 躓いたり転んだりしながら、結婚二年目の日常は着実に築かれていく。