何たる迷惑であることか!

独自の路線で生きています

チケットを買え、話はそれからだ。---「シン・ゴジラ」感想

今週のお題「映画の夏」 www.shin-godzilla.jp 映画館を出てすぐに、「もう一度観たい」と思った映画は初めてかもしれない。 庵野秀明カントクの「シン・ゴジラ」観てきました。以下はネタバレありまくりの感想です。 ↓ ↓ ↓ ↓ ・「映画のカタルシス」が何で…

【九州嫁日記】長崎は今日も坂ばかり 前編

猛暑が続いていますね。アスファルトに立つ逃げ水を追うだけの人生です。こんにちは、わたしです。 ふと思い立って、長崎県へ旅行してきました。ルートは佐世保市→西海市→長崎市 の順です。旅のコンセプトは「ミリオタ(特に軍艦)」、「ペンギン」、「うまい…

少女のように華やいで

twitter.com ---私 夢を叶えたのよ Tweetの内容は、「毎日かあさん」の「齢七十五になったおばあさんが離婚したいと言い出し、晴れて一人暮らしを始める話」なのだが、そういえば母方の祖母も「一人暮らしがしたい、ひとりで暮らしてみたい」と事あるごとに…

ポケモンGOよりラストフェス

世間はポケモンGOで盛り上がっておりますが。 www.pokemongo.jp 我が家では、夫婦ともどもスプラトゥーンのラストフェスに忙しいので、目下はスマホに構う暇などないのが現状である。ポケもいいけど今はイカだ。ポケモンは大好きだし、多いに興味はあるんだ…

雑感

引っ越してすぐに描いたマインドマップ。昔から、アタマがこんがらがったときはマインドマップのお世話になっている。これでもマインドマップ歴は5年、そこそこのマインドマッパーだ(そんな言葉があるかどうかは知らん)。 絵がアレなのはともかくとして、マ…

真夏の読書はホラーに限る

近所で撮影したアジサイを、PRISMAで加工したらこうなった。すごく……悪夢的。 Prisma – Art Filters and Photo Effects for Images, Picture Editor for Instagram Prisma labs, inc. 写真/ビデオ 無料 私の住む地域もようやく梅雨明けを迎えた。暑さもさる…

これからの「自信」の話をしよう-永田カビ「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」感想

トピック「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」について さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ 作者: 永田カビ 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2016/06/17 メディア: コミック この商品を含むブログ (3件) を見る 以下、永田カビ著「さびし…

自由人的せいかつ(ひと月め)

前職を退職し、新しい土地に引っ越して今日で1ヶ月が経ったので、この機会に振り返ってみる。 この一ヶ月でやったこと 引っ越し →是非なく作業した。旧居とはだいぶ間取りが変わったし、収納スペースは少なくなった。旧居のように物を考えなしに買うことはで…

湿度

九州のアジサイは赤い。 日本の土壌はそもそも酸性なのでアジサイは青いはずであるが、不思議な話だ。今まで目にしたアジサイは花の開き始めだけが赤く、あっという間に青く染まっていったのに、此方のアジサイはかなり長い間赤さを保っている。雨の中、それ…

【九州嫁日記】うみたまご水族館に行ってきました

水族館は好きですか? わたしは好きです。 これまで数多の水族館に行ってきました。東は鴨川シーワールド、八景島シーパラダイス、北はマリンピア日本海、西は海遊館、南は美ら海水族館。。。どの水族館もそれぞれに個性があり、最近では魚を見るよりも水族…

雑記(2016/06/10)

昭和40年代、ではなくれっきとした平成28年の風景。わたしはどんな写真も老化させる技術を持っている。 いまわたしが居る喫茶店は駅ビルの3階にあって、ブラインドが上げられた窓からは地上がよく見える。見下ろす中心といえば、駅前を忙しなく行き交う人々…

ずいぶん遠くへ来ちゃったわ

旧居を離れること1000km、わたしの天地はアマガエルの鳴き声で満ちている。 なんのことはない、新居は四方を田んぼに囲まれているのだ。 カエルが良く鳴く日は晴れと雨と曇り。カエルが鳴き止むのは雷が落ちるその瞬間だけ。 田んぼの向こうには小学校があり…

Re:Born

ひとりで二人分の引越し作業をするのはわりに孤独な作業だ。 片付けても片付けても、部屋の其処此処に物が見つかる。段ボールを開けるのも閉めるのも、ぱんぱんに詰まったゴミ袋を捨てるのも、すべて自分でやらなければいけない。そして物の半分以上は私物で…

どこに行くのか

門司港駅の九州鉄道博物館にて。 長距離列車はロマンだ。 GWも明けて、いよいよ自分の居場所がなくなりつつある。 アパートの荷物は大部分が段ボールの中へ、職場では刻一刻と自分の役割が後任者に引き継がれていく。 来月からは住む場所も職もない、ただの…

横浜の蒼

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」 港の見える丘公園より。横浜市の子供は、必ず社会の授業でコンテナとタンカー、積荷を運ぶクレーンについて学ぶ。海と空と巨大人工物のコントラストは、横浜ではあまりにありふれた光景だ。 神奈川に生まれ、中でも横…

アル中、会社辞めるってよ

近所のお稲荷さんと桜。屍体など埋まっていなくとも、魂を喰われるほどに美しい。 この男の後日談。 kinaco68.hatenablog.com 彼の男が会社を辞めるという。入社3年を全うするぎりぎりでの退社である。ブラックと呼ばれて久しいこの業界では、入社3年以内の…

「桔梗信玄餅」の桔梗屋工場見学に行ってきた

連休中日の昨日。朝から春の雨だったが、すぐに上がりポカポカ陽気になったので、少し遠出をした。 山梨県は笛吹市、「桔梗信玄餅」で有名なお菓子メーカー「桔梗屋」の工場見学に行ってきた。 www.kikyouya.co.jp 工場フェチにはたまらない清潔な外観。 桔…

一身のご都合

ふと思い立って、春先の軽井沢を訪れた。 春の天気は「ふく・ふる・どん」(風が吹く、雨が降る、曇天)というが、このところの天気は汗ばむほど暑かったり歯が軋むほど寒かったりで、誠に目まぐるしい。 気圧に振り回されるのに辟易したので、ふと小旅行に出…

むだにうんざり

※愚痴です 去年の秋くらいから、慢性的に疲れている。疲労し続けている、というのが正しいだろうか。 出勤するのが厭で仕方ない。平日は勿論、休日も気持ちが休まらない。無闇に猜疑心が強まり、人と距離を置きたくなる。粒つぶの浮上はあれど、通してみれば…

おしごと! して!して!

かーみさーまー あーそびにー むーちゅうーでー こーまりっますー♪ おーしごーと! して!して! おちゃめ神物語コロコロポロン OP&ED stereo 吾妻センセのファンだけど、この歌は「監督不行届」でようやく知ったのよね。 監督くん 01話 社会人3年目。 そろ…

恋するフォーチュン・ペーパー

年末にコタツで紅白歌合戦見てたら、演歌歌手のバックダンサーやってた乃木坂46がチャイナドレス着てたんですね。演歌が彼岸花をモチーフにしてたせいか、赤とピンクの可愛いチャイナドレスでねえ。NHKらしく流行りのミニチャイナに走らず、スリットを最大限…

2016年初詣

新年も明けて10日が経つが、初詣に行ってきた。 霊験あらたかなる鶴岡八幡宮である。我が家ではこのお宮を、最も信頼して崇め奉っている。2014年にこちらで交通安全守を買ってからというもの、一度も交通トラブルに遭っていない。また、いろいろな事に行き詰…

時間の盥

大学院に通っていたころ、恐ろしいほどに金はなかったが(生活費用の口座に数千円しかないことがざらだった)、時間はそれなりにあったように思う。 とりわけ、就活も終わり、単位を取りきってしまった2年生の後期などは、授業も無く出かける予定も無く、修論…

断片の記(2015/12/12)

季節外れの南風が吹き、師走とは思えぬほどの暖かさの一日。今年は晴れの日が少ないように思うので、こういう穏やかな日は貴重である。 今日は北関東までドライブした、守谷SAがリニューアルされていて、綺麗になっていた。以前のプレハブとは見違えるほどの…

はてなブログは4周年! 私の変わったこと、変わらないこと

「4年間で変わったこと、変わらないこと」 2011年からの4年間で大きく変わったことと言えば、「恋人ができて、結婚した」という事項だろうか。 大学を卒業して院に行って修論を書き上げて就職した、という学生 → 社会人の遷移はかなり大きな変化だったし、未…

お月さまのごきげん

これが私だけの事象なのか、よくあることなのかはわからないが、私は月の半分で人格が違う。 わたしの一ヶ月は生理周期に支配されている。生理が始まった日が朔日で、生理が始まる前日が晦日。そのうち、元気に自分が決めた物事をこなせるのは月の半分くら…

ヤケノート

ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。 山田ズーニーさんの「おとなの小論文教室」やり、「ヤケノートのすすめ」。「ヤケ」とは「自暴自棄」のこと。 怒りが喉元まで込み上げて、脳みそは沸騰寸前。悲しくて苦しくて遣る瀬無くてどうしようもない = 自…

秋のお手入れ事情

夏には夏の、秋には秋のお手入れがある。 季節により日により、お手入れの方法を変えるのがわたしの流儀である。 ベースケア編 太陽が勢いをなくし、秋風が立ち始める9月中旬からベースケアを切り替える。コンセプトは、「保湿最優先」である。 菊正宗 日本…

葬式の時だけ集まる親戚みたいだね

社会人3年目。同期がひとり辞めるというので、会社の近くの中華屋でささやかな送別会を開いたのだった。 ちょうど大きなリリースがあり、予想外の大炎上が起きた最中だったのだけど、同期は驚異的な参加率だった。 地元に戻って家業を継ぐという同期を肴に…

都合がいいから舐められる

自分の陥りがちなパターンについての気づきメモ。 私はどうしても人の顔色を伺って行動してしまう ↓ 当然、本心とは違う言動のためストレスが溜まる ↓ 相手に合わせた行動ばかり取るので、人格として舐められる ↓ 侮られ、軽んじられる負のループ ↓ 自分の…